イソフラボンの効果を向上|目の疲れを解消できるアントシアニンの情報|健康生活を続ける為に
レディー

目の疲れを解消できるアントシアニンの情報|健康生活を続ける為に

イソフラボンの効果を向上

頭を押さえる女性

腸内細菌の働きによる効果

皆さんは「エクオール」という成分をご存知でしょうか。エクオールとは、食事で摂取した大豆を腸で吸収するときに、大豆イソフラボンが腸内細菌である「エクオール産生菌」によって変換されることによってできる成分です。大豆イソフラボンは腸で吸収されるときに必ずエクオールに変換されるわけではなく、そのままの成分で吸収されることもあります。その違いは、腸にエクオール産生菌が存在するか、しないかという点です。大豆イソフラボンには、女性ホルモンであるエストロゲンと同じような働きがあり、更年期の症状を軽減したり、乳がんや脳梗塞のリスクを低下させたりする効果があると言われています。エクオールには、その大豆イソフラボンの効果をより高める働きがあるため、エクオールを体内でつくれるかどうかでイソフラボンの効果の違いが発生します。

積極的に大豆を摂取しよう

現在日本人の二人に一人がエクオール産生菌が体内にあると言われています。欧米人では2割から3割であることから、エクオールをつくれる体質かどうかには、食文化や食生活が影響していると思われます。しかし、現代の日本でも年齢が若いほどエトワール産生菌をもつ割合が少ないという研究結果もあります。詳しい原因は分かっていませんが、若い人が年配の人に比べて大豆を食べる量が少ないからではないかと考えられています。エクオール産生菌を腸内に維持するためには、毎日一定量の豆類を摂取することが大切です。また、腸内細菌を保つためには食物繊維が必要です。海藻やキノコ類を積極的に摂取することで、腸内の働きを維持する助けになります。